鍵を無くす

茶色のドア

自宅の鍵を紛失してしまった場合、合鍵などを持っていないと家の中に入ることができなくなってしまいます。このようなトラブルを回避するためにスペアキーを予め何種類か作っておく人が増えているのですが、もしこのようなものを作っていなかった場合にはどうすれば良いのでしょうか。まず最初に考えられるのは、アパートやマンションの場合には管理会社へ連絡してみるということです。管理会社になら合鍵が置いてある可能性も高いので、まずはこの方法を試してみましょう。そしてスペアキーで入室することができた後は、必ず鍵穴を交換するようにしましょう。そうすることでもしもの事態を防ぐことができますし、失くした鍵のことを心配する必要もなくなります。

キーの紛失は誰にでもよくあることですが、これがアパートやマンションではなく購入した戸建て住宅だった場合には管理会社というものが存在しないのでスペアキーを受け取ることができません。このような時には慌てずに業者に連絡をするようにしましょう。こういったトラブルを専門に活動している業者というのはどこの街にもありますので、まずはスマートフォンなどで近所の業者を検索して、どのような状況になっているのかトラブルの内容を伝えましょう。そして業者が自宅に到着したら、まずはどのように鍵を開けるのかを聞いてから作業に入るようにした方が無難です。というのも、トラブルによってもしドアを壊さなければならない場合などには、その修理費なども発生する可能性があるからです。